精神的なバランスが崩れないように、心を休ませよう

知っておこう病気のこと

TOPICS

ストレスと心

ストレスで押しつぶされるものといえば心でしょう。心の病は様々ですが、なかでも うつ病は誰しもなってしまう恐れのある病気です。うつ病にならないためには心の余裕が大切です。

詳細を確認する

うつ病の仕組み

うつ病は大きなくくりで使われてしまい、間違った情報も出回っていますが、基本的に脳の以上から起こる病気の1種であり、適切な治療を行う必要があります。その一つに抗うつ薬などがあります。

詳細を確認する

うつ病のタイプ

うつ病と一言で言ってもその種類は様々です。症状の原因も異なるため分類分けがされており、タイプによって適切な治療方法が異なってきます。医師との十分なコミュニケーションが大事になります。

詳細を確認する

鬱になりやすい人

うつ病を発症する可能性が高い人はストレスが溜め込みやすい人でしょう。上手く発散する能力を身につけるのも現代社会を生き抜く上では必要で、時にはカウンセリングを受けてみるのも大切です。

詳細を確認する

神経の乱れ

交感神経と副交感神経

うつ病になる原因として自律神経の乱れからくる場合も少なくありません。自律神経は、交感神経と副交感神経からなりたっています。交感神経は、仕事中などでストレスが高い状態、運動後等の緊張状態が続いた状態で、いわゆる戦闘モードで息が抜けない状態です。副交感神経は、逆にリラックスした状態、落ち着いた状態です。この二つの神経のバランスが大事です。会社での就業時間が極端に長いと交感神経が張りっぱなしで、うつ病になりやすいと言われます。また、副交感神経があまりにも優位に働きすぎと、緊張感のない、何か行う意欲がわかない状態が続き、これもうつ病を招く原因になります。要は、バランスを取った生活サイクルを維持する事が、うつ病になりにくい生活習慣と言えます。

副交感神経を優位にさせる方法

うつ病になった場合の治療方法として、副交感神経を高めていく方法が良く取られます。ヨガで呼吸を安定さえ、安心感やリラックスした感じを掴み取るというのも一つの方法です。副交感神経を優位に高めるには、単純に天気のいい日に、空を見たり、緑の木を見たりするだけでも、治療効果はあります。また、一般的に日中は交感神経が優位な状態で、夕方から夜になると副交感神経が優位に状態になっていくのが良い自律神経のバランスと言われます。日中は、外で活動して、夜はゆっくり音楽を聴きながら、読書をするという生活を心がけるのもうつ病の治療には効果があります。薬物治療と併用して、呼吸を意識的に行う、景色を楽しむ事を取りいれ、自律神経のバランスを取っていく事をお勧めします。

うつ病を理解して治療を受ける

うつ病は現代病であり、データ上成人の4人に1人は、人生のうちのそれぞれある期間、うつ病にかかると言われています。うつ病は心の風邪とも言われます。それほど身近な病気なのです。しかし、未だにデリケートな問題であり、自分がうつ病であることを隠したいという心理が働き、治療の遅れるケースも多くあります。また、怪我のように目に見えるものではないため、気づかずに過ごすこともあります。一時的なもので、そのまま治ってしまう場合もありますが、安易に考えてほったらかしておくと、脳が収縮するなど、治りにくい状態になってしまうこともありますので、早めに治療を受けるべきだと言えるでしょう。プライドや周囲との関係、不安感が邪魔をして、病院に足を踏み入れるのは本当に勇気がいりますが、早期に相談すれば、それだけ早く、病気と付き合う良い方法を見出すことができるのです。

自分と上手に付き合う

うつ病も、上手に付き合えば、自分の考えをコントロールすることができるようになります。治療を受けるのはその大事な一歩です。うつ病が進むと、自分に対して正しい見方ができなくなり、周囲の励ましさえ重荷に感じることがあります。専門家に相談することで、病気を客観的に見ることができるので、この段階は重要なのです。薬を使った治療に抵抗を感じる方も少なくないと思いますが、お医者さんとその点をきちんと話し合うなら、より自分に合った治療を安心して受けることができます。とにかく、我慢しないことです。周りが早めに様子に気づいて助けてくれることもあるかもしれません。その場合はその声に耳を傾けましょう。自分一人で悩んでしまうタイプの方は、このくらいと思うのではなく、限界を決して越えないよう気をつけてください。

Menu

うつ病の薬と休暇

うつ病になったときはまずは薬のり用があります。この薬には抗うつ薬が用いられ、適切な量を服用することで症状を抑えることが出来ます。うつを疑ったときは休暇をとってみるのもいいでしょう。

もっと読む